月別アーカイブ: 8月 2015

鑑定機関について

昨日も、男性の方が一人で来られて ダイヤモンドを見て貰いながら 色々と説明をしていたら 鑑定書は中央宝石鑑定書の物が 一番信用出来ると聞いています と言われました。 私は、正直驚きました。 私から見れば中央宝石研究所は ごく普通の鑑定機関で 何ら特別でもないしどちらかというと ミスの多い鑑定機関の1つだと思います。 以前に比べれば、マシにはなっていますが、 正直まだ信用出来る訳ではない。 そもそも、中央宝石研究所でダイヤモンドを グレーディングしているスタッフで何人が 私のようにG.I.Aで鑑定士の資格を とった人がいる事やら。 私の知る限りではグレーダーとして勤務している 半数位では無いのでしょうか。 AGTやDGLであればグレーダー全員が G.I.Aの鑑定士の資格を持っている筈です。 ネット上で中央宝石研究所が信用できると 書いている人達はその辺りの事をご存知なのでしょうか。 数年前、全国宝石学協会が不祥事を起こした時も 全国宝石学協会は日本の三大鑑定機関だから安心ですと 書かれていた事をお忘れですか。 その不祥事に関わった大阪の卸屋は今も健在で 日本でも有数のデパートとも取引をしています。 その不正でその卸屋はどれほど余分に利益を得た事か。 時々、この業界のモラルの低さに 嫌になってしまう時があります。 一番大切な事は、ダイヤモンドが正確に グレードされている事は最低限当然の事ですが そのダイヤモンドについて内包物やカラーを どれだけ正確に消費者に伝える事が 出来るかという事だと思います。 window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 最近思うこと | コメントをどうぞ

鑑定はアナログ

ダイヤモンドのグレーディングは、 このデジタル化が進む世の中に在ってまだまだ アナログのままです。 重量を測る電子ばかりが多分一番デジタル化が図られている 物です。それ以外はプロポーションを計測する計測機器も デジタル化は図られていますが、 カットの項目の中で研磨状態や対称性は 鑑定士の目視です。つまり感応検査です。 鑑定士の個人個人の感覚で当然ズレは起こりえます。 この検査に関しては、完全に 教えられるものではありません。 各ファセットの形の僅かなズレを見つけられるかどうかは もう完全にそのグレーダーの感性に掛かっています。 カラーにしてもクラリティーにしても、 正確に常に安定してグレーディング出来る人は 非常に少ないのが現実です。 勿論、ダイヤモンドは自然界で出来たものですので、 グレードの境界線上にあたるダイヤモンドも存在するのは 仕方が有りませんが、それを 冷静に判断するのが優秀なグレーダーなのです。 皆さんは記号で表された結果しか見ていません でしょうから、良いグレーダーか そうでないかを判断出来ないと思いますが、 販売する側の私達が本当はその辺りの 微妙な所を解説して皆さんに理解して頂くように しないといけないのですが、言葉で 内包物を判り易く表現するのは結構難しいです。 出来るだけ分かり易く説明をさせて頂きますので どんどん来店された際にはご質問ください。 お待ちしております。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ダイヤモンドの年輪

天然のダイヤモンドには結晶の成長の証として、 年輪というか指紋の様な1個1個 特別な固有のパターンが カソードルミネッセンス法で見る事が出来ます。 この方法によって、天然のダイヤモンドであるか 人工的に造られたダイヤモンドであるかが判ります。 この方法をさらに応用して、双子ダイヤモンドのように 同じ原石から磨き上げたかどうかが判ります。 ダイヤモンドのテーブルと呼ばれるファセット面に 同じようなパターンが出るかどうかで判断できるのです。 自然界で出来たダイヤモンドは見た目は同じように見えても 絶対に同じ年輪の物は存在しません。 これは自然界で数年掛かってダイヤモンドが 成長した証です。 天然のダイヤモンドは人工物ですので 規則的なパターンですので しかも割と短時間で結晶させますので 所謂年輪は殆ど見えません。 しかし、天然のダイヤモンドには必ず年輪は 有ります。面白い事に時には木の節のように コブが見えるダイヤモンドも有ります。 普段はカソードルミネッセンス法を使ってまで ダイヤモンドを識別しませんが、 最近は人工的に造られたダイヤモンドも 実際に存在しますので怪しいと思ったダイヤモンドは これらの方法で識別して合成ダイヤモンドが 混じらないようにされています。 今のところは大丈夫だと思われますので ご安心ください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

マーケット再開

殆どのアントワープとテルアビブの ダイヤモンド業者が明日から営業を再開します。 中国経済が変調をきたしている中での 再開ですので、不安が一杯です。 原石の価格等は高止まりしたままです、 研磨石の価格がどちらに動くのか心配ですが、 今は何よりも供給不足です。 特にハイカラーの0.25CT台の ダイヤモンドは絶対量が全く足りていません。 異常な位存在しないので、相場が歪んでしまっています。 今であれば、0.25CTのダイヤモンドを 買うならもう少し予算を上げれば0.3CT台の ダイヤモンドを買った方が得だと思うかもしれません。 それと、各サイズのFカラーのVVS2クラスは 狙い目です。理論的な価格と実勢価格の乖離が激しいです。 という事は、0.25CTのDカラ―の例えば VVS2やVS1よりも0.3CTFカラーのVVS2 の方がお得に買えるようになる可能性もあり得ると言う事です。 来週になってみないと実際には判りませんが、 賢く婚約指輪や結婚指輪をゲットして頂けるように 工夫をして買付けたいと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ

G.I.Aのグレーディーングレポート

先日、東京のお客さまから電話で質問が有りました。 それは、G.I.Aの鑑定書が一番信頼出来るか との質問でした。 今、殆ど世界中で使用されているダイヤモンドの グレーディング基準はG.I.Aで作られた物です。 このオーナーの部屋でも何度か書きましたが、 カラットのように精密に調整された 電子秤で客観的に出る結果は問題は無いと思います。 そして、カットも今はG.I.Aが開発した G.I.A FACETWARE  CUT ESTIMATIORデータベースを使用して 計測しますのでこちらも問題は無いと思います。 問題は感応検査であるクラリティーとカラーです。 そして、現在、日本に輸入されている G.I.Aの鑑定書付きのダイヤモンドの多くが ムンバイのG.I.Aで鑑定された物が多いという現実です。 最近、私が見た中で酷いものは50%位しか グレードが合っていると思えなかった。 本当に、あり得ないような結果です。 その方には、その辺りの事を説明して 日本の鑑定機関とのダブル鑑定をお勧めしました。 当社のサイトでG.I.Aと鑑定書の所に表示されている物は 全てダブル鑑定をする事になっています。 その為に、鑑定書作成代が掛かる為にやや高くなっていますが、 それは、鑑定書がG.I.AとDGLかCGLの 鑑定書が付くからです。 G.I.Aが信頼できるので高いのではありません。 日本の鑑定機関だけでも十分だと思いますが、 G.I.Aの鑑定書に拘りを持っている方は 当社ではダブル鑑定ですのでより安心かと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

プロポーズ

この話は、中国で最近あった本当の話ですが、 彼の純愛の話です。 彼が10歳の頃、親しくしていた彼女に 大人になったら結婚して欲しいと伝えていた。 ここまでは、子供のころに良くある話ですが、 彼が引っ越しをして離ればなれになったのですが、 成人して彼は働き始めてからコインでせっせと貯金をしていました。 偶然、昔離ればなれになっていた彼女と 巡り合う事が出来たのです。 これだけでも十分に運命的で素敵な話ですが、 彼は彼女にプロポーズする為にコツコツと コインでなんと日本円にして約24万円程を貯めていたのです。 凄いと思いませんか。重さにして約150キロ程のコインです。 彼は、彼女にダイヤモンドのエンゲージリングを買って プロポーズしようと町の宝石店を廻ったのですが、 コインでの受け取りを何故か皆拒否をしたそうです。 彼は、途方に暮れても諦めずに一軒の宝石店で 店主に自分の気持ちを伝えて事情を説明すると 店主は快く彼の気持ちを理解してコインの受け取りを承諾して エンゲージリングの注文を受けたそうです。 プロポーズの結果は、10歳位の頃の話を彼が憶えてくれて それを守った事に彼女は感激をしたそうです。 150キロ分の愛情です。 凄いですね。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = … 続きを読む

カテゴリー: 最近思うこと | コメントをどうぞ

貴金属相場

この2週間ほどでプラチナの価格が 300円程上昇しました。 この急激な価格の変化の 主な原因は株式市場の不安定さの裏返しです。 金融市場が不安定な時には 現物市場へ資金を移動させるにこしたことは 有りません。 今日も、東京株式市場は大幅に下落しましたので、 金もプラチナも当面は上昇して行くでしょう。 9月の初めに結婚指輪の価格を改定して かなり値上げに踏み切るメーカーも出て来ています。 結婚指輪にしても婚約指輪にしても 早めに購入している方が安心かと思います。 何しろ、中国の経済が不安定な状態の時に、 天津港の大爆発が有りましたのでさらなる 不安要素が増えた訳です。 ダイヤモンドの海外マーケットは 完全に夏休みを終えるのは来週ですので、 まだ、私には正確に言えるほど情報が有りませんが、 現状の供給不足の状態では、価格が下がる 積極的な要素は見当たりません。 多分強含みに最初は動くと思います。 その後、世界的な利上げや原石の採掘状況などを見て どの方向へ行くか慎重に 見極める必要が今年は有りそうです。 結婚指輪に関しては早い目で良いと思います。 複雑な世の中で嫌ですね。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ

ダイヤモンドの選び方の続き

ダイヤモンドのバイヤーとしての経験豊富な二人は それぞれ違った観点からダイヤモンドを選びました。 しかし、選んだダイヤモンドは理にかなったものです。 ラウンドブリリアントのダイヤモンドであれば ダイヤモンドからの光の反射や輝きが最高と考えられる エクセレントカットを選べばカラーは少し落としても、 誰もわかりません。 分かるのはダイヤモンドの大きさと輝きです。 そこで、わたしはカットの良い1ctの ダイヤモンドにしたのです。 本当に誰も正確にカラーを言い当てた 人はいません。 また同僚が選んだハートシェイプなどのカットでは 反射することがラウンドブリリアントより遥かに劣るので、 カラーの良いのを選ばないと黄色味が目立ちますので 彼はDカラーにしたのです。 ファンシーカットの場合は何よりも形が重要です。 クラリティーはSI1以上あればもう充分です。 上記のことを参考にして、予算の中で最高の ダイヤモンドを選べば間違いがないかと思います。 でも、さらに購入時に質問があればメールでも結構ですし、 また、直接ダイヤモンドを見ながら そのダイヤモンドについて説明が聞きたいと 思われる方は是非予約をしてご来店ください。 出来るだけ分かりやすく説明をさせていただきます。 自然界で出来たダイヤモンドは絶対に同じものが ないので一つ一つ特徴が異なりますので それぞれに違った説明になりますが それも世界に一つ特別なダイヤモンドを 手にしたと実感されると思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ダイヤモンドの選び方

私がスイス資本の宝飾品の商社に 勤務していた頃の話ですが、 私ともう一人同じように G.I.AのGRADUATE  GEMOLOGISTの資格を取得した 同僚がいました。 私達は同じ年齢で8カ月ほど私の方が先に 入社したのですが、私達の上司が会社を 辞めた後、交互に買い付けに出ていました。 その二人が婚約指輪のダイヤモンドを 選んだ時の話を少ししましょう。 二人とも結婚相手には相談することなく 自分達の考えで選びました。 私は、普通のラウンドブリリアントカットの ダイヤモンドにしたので、 1CTのGカラ―でも限りなくFカラーに近いカラーで、 クラリティーはVS2だけど テーブル内には何もインクルージョンの 無いものでカットの優れたダイヤモンドを選びました。 そのリングにセットされた そのダイヤモンドを見て殆どの宝飾業界に働いている人でも Gカラーのダイヤモンドだと言い当てた人はいません。 カットが良ければ輝きますので 微妙なカラーは判別できないのです。 同僚は、ハートシェイプのダイヤモンドを選びました。 カラーはD、クラリティーはSI1です。 ハートシェイプの様なダイヤモンドの場合は、 ダイヤモンドからの光の反射はあまり 強くないのでカラーの良いダイヤモンドで 形の綺麗なダイヤモンドを選ぶ必要があります。 この様に、ラウンドブリリアントカットであれば、 私達が重視する必要が有ると思うのは カラット(重量)とカット(輝き)です。 輝きが期待できない場合のみ、 ハイカラーのダイヤモンドを探します。 ダイヤモンドを選ぶ際の一つの参考になればと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

宝石箱

宝石箱を持っている女性の方は そんなに多くはないかもしれません。 良く聞く話は婚約指輪を買って貰ったのだけど ずっと何処に仕舞ったのか判らなくなってしまいました というような事です。 殆どの方は決まった置き場所に置くか お渡しした時のケースに置いておかれる様ですが、 宝石箱としては持っていないと良く聞きます。 今回、”星の砂”の結婚指輪をセットで ご購入頂きますと宝石箱をプレゼントさせて頂きます。 男性には、チョット耳の痛い話になるかもしれません。 将来、宝石箱を一杯にしておくほど ジュエリーをせがまれるかも知れません。 しかし、何処に行ったのか判らなくなって、 また新たに購入する必要が無い方が良いので 宝石箱は有った方が役立つと思います。 当店で、今までご購入頂いたお客様の中では 数年後にペンダントを御造りにご来店頂いたり ご両親から頂いた宝石などをリフォームに ご来店されますので、きっと知らない内に 宝石箱も一杯になると思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = … 続きを読む

カテゴリー: 最近思うこと | コメントをどうぞ