月別アーカイブ: 9月 2015

結婚ラッシュ

日本の話ですが一般的な話では無く、 日本の芸能界の話です。 昨年辺りから何となく芸能界は結婚される方が 増えて来たような感じです。 これは勿論良い事だと思います。 この前のスーパームーンの夜は月見をしながら ヤケ酒を飲んだ方も多かったのでは。 そして、芸能界の方は結構出産の話も良く聞きます。 今の日本にとってはグッドニュースです。 残念ながら、社会格差が拡がっている事も事実です。 ただ、私の生まれた頃も、格差は勿論ありました。 しかし、お金がなくても何とか出来る時代だったかもしれません。 今年は、名目の賃金は上昇しているのですが、 輸入品を中心に輸入価格の上昇も凄い物があります。 多分、近いうちに海外ブランドのジュエリーは値上げをすると 聞いています。 1ドルが85円から120円になっている現状を考えると 当然なことです。 今、ダイヤモンドの輸入コストは数年前と比べると 間違いなくかなり上昇しています。 その中で、如何に、販売価格をそんなに上げないで やって行くかに無い知恵を絞る毎日です。 「ハッピープロポーズプラン」はこんな状況の中 男性には絶対に喜んで頂けると思います。 財布に優しい企画ですので是非一度見に来て下さい。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報, 商品情報 | コメントをどうぞ

スーパームーン

昨晩は、夜空を見上げてスーパームーンを ご覧になられた方も多かったと思います。 本当に、宇宙には不思議な事が数々あります。 惑星の軌道が楕円軌道である事は、 多分、中学校辺りで習ってもう一度高校の地学の時間で もう少し詳しく習ったような気がしますが殆ど憶えていません。 地球の衛星の月も同じように楕円軌道なんだと 感心していました。 そういえば、3年ほど前に40光年程離れた所にある恒星系の惑星 ”かに座55番星e”と呼ばれるこの惑星は この惑星の総質量の最大3分の1がダイヤモンドで構成されて いると推定されるとアメリカのエール大学の研究チームが 発表したのを思い出した。 確かに、ダイヤモンドは炭素の立方等軸晶系なので 条件さえ揃えば他の宝石より出来る可能性は高い。 その惑星が月の位置位にあったらどれだけ太陽の光を受けて どれくらい輝くのやら。 夜でも明るすぎて眠れないかもしれません。 月のように何も反射するほどの物がなくてもあれほど 光るのですから、ダイヤモンドが3分の1もあれば 凄い輝きでしょう。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 最近思うこと | コメントをどうぞ

ダイヤモンドの情報を伝える難しさ

ダイヤモンドについて説明させて頂く時に 多少の難しさを感じる事があります。 特に、クラリティーについて説明している時に VVS1クラスのダイヤモンドを顕微鏡で 見てみたいと仰る方に、勿論、見て頂くのですが、 内包物を確実に見える方は殆どおられません。 何か見えたと思っている方も大抵の方がダイヤモンドの表面に 付いた埃を見ている事が殆どです。 確かに、明るい店内で幾ら高性能の顕微鏡を使っても VVS1クラスの内包物は 私のように経験を積んだG.I.Aの鑑定士の資格を 持った者でも困難です。 例え、VS1でもきっと内包物を明るい店内で 発見する事は難しのです。 そうすると、何もVVS1クラスとVS1クラスの ダイヤモンドに差がないと思われてしまいます。 鑑定機関ではダイヤモンドを検査する部屋は シーリングライトを消して薄暗くしています。 そうでないと、VVSクラスの内包物は多分見えません。 VSクラスなら直ぐに内包物は見える筈です。 明るい店内では、その辺りの差を説明するのはなかなか難しです。 ま、それ程VVSクラスのダイヤモンドは綺麗という事なのです。 私の今までの経験で言えば、普通の方ではVS2クラス位からは 内包物が見える方もおられます。 見えた方でもVS2でもこんなに綺麗なのですねと結構驚かれます。 自然界で出来たダイヤモンドがいかに綺麗か実感できると思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

海外と日本の基準の差

今回のフォルクスワーゲンの排気ガス規制逃れの 不正行為は、自動車業界全体に 拡がりそうな可能性が出て来たと報道されています。 日本の宝飾業界では何処かの公的機関が定めた基準が ハッキリとした物は無いと思いますが PL法が出来て以来業界内部で消費者保護に努めて 来ている事は事実としてあります。 先日も、海外有名ブランドの結婚指輪を購入された方が 金属アレルギーを発症されたようで、チタンの結婚指輪を ご購入されました。 イタリアやフランスは地金の殆どが18金である事が多いです。 ドイツは18金も多いのですが14金や10金もごく普通に在ります。 アメリカは普通は14金が一般的です。 国によって材質の品位が結構異なります。 それだけではなく問題は、割金にどんな材質の金属を使っているかです。 今、日本では殆どニッケルやコバルトなどの金属アレルギーを 引き起こしやすい割金を使う事はジュエリーでは、殆ど無いと思います。 しかし、海外の製品は判らない事が結構多いのが事実です。 その点、チタン以外でも”PILOT BRIDAL”、 ”LOR”、”PTAU”、”HOSHInoSUNA” などの結婚指輪は金属アレルギーを引き起こす可能性ある 貴金属は使われてはいません。 最近は、色んなハウスブランドの結婚指輪も有りますが その辺りがハッキリと判っていない結婚指輪も 出て来ていますのでシッカリと説明を聞かれた方が 良いと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報 | コメントをどうぞ

ピンクダイヤモンド

この週末はピンクダイヤモンドのフェアーをします。 桜色のピンクダイヤモンドは愛らしいですから 女性には人気があります。 しかし、主な産地であるオーストラリアの アーガイル鉱山がもう後4年程で採掘を停止すると 発表していて価格はかなり高いです。 他の産地、ブラジルやアフリカの鉱山でも産出されない訳 ではありませんが、量的にも少ないし、 色もかなり薄いのでメレサイズではピンクである事が 判り難いです。 多分、直ぐには誰もピンクだと認識しない筈です。 ピンクダイヤモンドは希少価値が高いのですが 1979年に発見されて1983年から事業操業を 始めて32年。永いようで短い鉱山の寿命です。 もっと深く掘ればまだ採掘が可能かもしれませんが 採算ベースで考えると続ける意味がないのでしょう。 しかし、世界のピンクダイヤモンドの90%も占める アーガイル鉱山からの採掘がなくなると安定的に綺麗な ピンク色のダイヤモンドを手に入れる事は暫くないでしょう。 ピンクダイヤモンドは謎の多いダイヤモンドで 私がまだG.I.Aで勉強していた頃は 正確に何故ピンク色になるのか分っていませんでした。 その当時は、マンガンなどの不純物が微量に入っているのかとか 色々と推測されていましたが、結論が出たのは 少し経ってこのアーガイル鉱山からの ピンクダイヤモンドが安定的に市場に出てからです。 専門的には格子欠陥と呼ばれています。 炭素原子が在るべき所に無い結晶体です。 光の不思議な所で、この格子欠陥の部分を透過する間に ピンクの補色の波長がダイヤモンドのこの部分で吸収されてしまい、 人の目にはピンク色が飛び込んで来るのです。 実に不思議で面白いです。 この週末には、そのピンク色のダイヤモンドを 是非ご覧になりにお越しください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = … 続きを読む

カテゴリー: マーケット情報, 商品情報 | コメントをどうぞ

サイズを取るか品質を取るか

このシルバーウィークの間も何組かのカップルが サイズを取るか品質を取るかで悩まれました。 鑑定士の資格も持っていてバイヤーを長年経験している 私の意見ではサイズを優先させるべきだと思います。 同じご予算で0.4CTのD IFを購入するか 0.5CT同じご予算で購入出来る品質の ダイヤモンドにするか悩まれる男性が結構 おられます。 女性の方は品質よりもサイズが大きい方が良いと 早めに決断される方が多いように感じます。 男性は、見栄があるのか品質も良い方がと 言いますがそれでは0.5CTの良い品質にすると 予算が越えてしまいます。 女性の方は、綺麗に輝いていたら目に見えない 内包物であれば問題は無いと仰る方が殆どです。 この辺りが、男性と女性の差でしょうか。 顕微鏡でプロの鑑定士だけが判るのであれば 全然構わないと女性はクラリティーはそこそこで 十分と思っている。 しかし、男性は何故か品質に拘ってしまいがちです。 VVS1とかVVS2の内包物は私達鑑定士の資格が ある者でなければ簡単には見えないと 思います。 勿論、予算が許せば全て良い物が良いのですが、 そこは予算も大切なのでどう考えるかが問題です。 私の永年の経験からいえばサイズです ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ダイヤモンド業界の問題点

今、世界的にダイヤモンドの業界は 新たな転換点に立っていると言える。 原石を採掘する費用はどんどんと上昇している。 今は殆どが採掘しても採算性の低い地下の深い所 まで掘り進んでいる。 坑道が深ければ深いほど採算性は悪くなる。 当然、原石は高くなってしまう事になるが、 需給のバランスの問題でそんなにも高くは 出来ていないのが現状です。 そして、もう一つの大きな問題は研磨工場での 人件費の上昇です。 アントワープやテルアビブに取引所は有りますが、 もう殆どアントワープだけで全部研磨している訳では ありません。 アフリカや東南アジアや中国で研磨した物を アントワープやテルアビブに持って行き そこで研磨済みのダイヤモンドを取引するのですが、 それも日本のマーケットに合う物は 決して多くありません。 先週末から香港で大きなジェリーショーが 開かれていますが、あまり良い情報は聞きません。 かなり厳しいようです。 以前のように、適正な利益を得る事が出来る 環境でなくなって仕舞っています。 日本国内は、そんな状況なので2次流通の ダイヤモンドの市場の方が活発で正規に輸入された ダイヤモンドの方は厳しい状況です。 ますます、皆さんが購入されるダイヤモンドの 選択肢が狭まって来ています。 何とかしなければいけません。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ラグビーワールドカップ

今朝、ニュースを見てビックリした人もいたかもしれません。 ラグビー日本代表が強豪の南アフリカに逆転勝利を おさめたのです。 多分これは、スポーツ界の中で 今年一番の嬉しい出来事の一つです。 体格で大きく劣る日本代表が怯むことなく 挑んでいった結果だと思います。 素晴らしい。まだ初戦ですが、Bグループの残りの試合も勝って ベスト8に進んで欲しいものです。 南アフリカといえば、かつては世界最大のダイヤモンド産出国でしたが 今は第8位位でしょうか。 そして、もう一つジュエリーに欠かせないプラチナの産出量は 今でも南アフリカが一番です。 そして、金はどうかというと、こちらもかつては 世界一産出が多い時代もあったのですが、 今は第6位くらいでしょうか。 いずれにしても、ジュエリーとは縁の深い国です。 今日のラグビー日本代表はダイヤモンドより輝いていたと思います。 次のスコットランド戦まで短い休みですけど次も頑張ってください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 最近思うこと | コメントをどうぞ

外国製の結婚指輪

海外ブランドの結婚指輪を購入された方から 相談がありました。 リングの地金は18金のホワイトゴールドの 結婚指輪でした。今までは金属アレルギーが でなかったのですが、リングを着け出して 1ヶ月ほどで指がかぶれて着けられなくなったそうです。 赤くなった部分がリングを着けている周辺なので かなり高い可能性でリングが原因と考えられます。 しかし、確実な事を医者でもない私が言えませんので、 一度皮膚科でアレルギーテストを受けられた方が 確実ですので是非この機会に診断を受けた方が良いと お話をさせて頂きました。 後日、その方が来店されて、パラジウムとニッケルに 対して特に反応が強かったそうです。 そこで、お薦めしたのは、チタンの結婚指輪と パイロットブライダル・ロル・ピトー・星の砂の結婚指輪です。 これらの結婚指輪は、素材にパラジウムやニッケルを含んでいないので安心です。 海外ブランドの中には日本ほど規制が厳しくないので 国産ではあまり使わう事が少ない金属が含まれている事があります。 そして、メーカーの中にはパラジウムをアレルギーフリーと 謳って販売しているとんでもないブライダル専門店があります。 アフターサービスの事も考えると国内ブランドの方が より安心かと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報 | コメントをどうぞ

ダイヤモンドについての面白い質問

まず、ダイヤモンドが割れるかどうかとよく尋ねられます。 答えはダイヤモンドは割れます。 ダイヤモンドが自然界で出来た物の中で地球上で 一番硬い物質である事は皆さんもご存知ですが、 ダイヤモンドが割れるという事はあまり知られていません。 中には、一番硬いので割れるとは思わなかったと 仰る方もいらっしゃいました。 この硬いという表現が誤解を招いているのでしょう。 このダイヤモンドの硬さは摩擦と云うか 擦り合わせた場合の硬さです。 だから、ダイヤモンドはダイヤモンドのパウダーを使って 研磨します。 次に多いのが、ダイヤモンドは燃えるかどうかです。 答えとしてはダイヤモンドも燃えます。 私自身はダイヤモンドを割る様子は実際に見た事がありますが、 燃焼させた様子を見た事は無いです。 実験をした人の話を聞いた限りでは、炎を出して 燃えるというのではなく、赤くなって発光しているように 見えたそうです。 そして、後には何も残らなかったそうです。 ほぼ純粋な炭素の結晶なので、二酸化炭素になって 気化してしまったという事なのでしょう。 しかし、皆さんも色々な疑問が湧くものだと感心します。 ダイヤモンドを燃やす実験なんて高く付きますから 簡単には出来ません。 実験では、十分に酸素を供給しながら したようですので通常の状態では どの程度燃えるのかは知りません。 私もショックなのは完全に燃えると何もなくなる というのが理解出来ても完全に 気化してしまうのには不思議さは残ります。 大切な婚約指輪は大切に保管して下さいね。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ