月別アーカイブ: 11月 2015

杉原 千畝さん

今、映画で取り上げられる事になって 杉原 千畝さんの事を初めて知った方も 多いのではないでしょうか。 私も、もしイスラエルと関わりが無い仕事についていたら きっと知らないでいたでしょう。 「杉原 千畝」さんはユダヤ社会では知らない人が いない位有名なので私も初めてテルアビブに行った時から 数々の話を聞きました。 そして、親戚が助けられたとかの話は多くの人から聞きました。 一人の外交官が本国の命令を無視して人命の為とはいえ なかなか出来る行動ではないと思います。 私達は、杉原さんのおかげといっては申し訳ないのですが、 イスラエルでは結構、温かくイスラエルのダイヤモンド業界で 仕事をさせて頂きました。 そして、私は直接はお会いした事が無いのですが、 杉原さんのご子息はイスラエルの大学に留学したのち ダイヤモンド業界で勤務していました。 私が、最初に働いていたスイス系の宝飾品の商社は 杉原さんが勤務していたテルアビブの会社とも取引が 有ったので名前だけは知っていました。 戦後70年、なかなか世界的には平和が 訪れない状況が続いていますが、 是非、この映画を観て色々と感じてください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; … 続きを読む

カテゴリー: 最近思うこと | コメントをどうぞ

ダイヤモンドを購入するとき気をつけるポイント

年の暮れも近づいて多くのショップが 何らかのセールをする季節です。 こんな時こそ気を付けないといけない事が有ります。 商品の表示方法で消費者が勘違いするように 持ていっているショップが増えて来ているのが気になります。 例えば、G.I.A鑑定書付きのトリプルエクセレントと カットの項目に表記しているだけのショップ。 消費者の人はトリプルエクセレントは自動的に ハート&キューピッドだと思ってしまうけど、 決してそうではありません。 先日も書きましたがトリプルエクセレントだけであれば 安いのは当然です。20%以上安いはずです。 確かにハート&キューピッドのトリプルエクセレントなのですが、 ジュエリーショップによってはその店独特の特別な名前で さらに凄いダイヤモンドであるように感じさせるようにしている ショップは高う売りたいだけです。 最近、増えているのがエンゲージリングを買えば 結婚指輪が付いてくるとか、クーポンで安くなりますと セット販売を勧めて来るのですが、 決してお得な価格ではありません。 当店でそれぞれバラバラで同等の婚約指輪と 結婚指輪を購入してらもっと安くなると 思います。 そんなショップに行った後、当店にお越し頂いき ご購入頂いたお客さまから教えて頂いた事ですが、 一人二人では無いので多分本当の事でしょう。 この様な錯覚を利用した方法には気を付けてください。 まだ、クリスマスに間に合うように お造り出来ますので是非お越しください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 商品情報 | コメントをどうぞ

クリスマスが近づくと

ロサンゼルスに居た頃は、留学中だったので 大学ではクリスマス前にはパーティーばかりで 勉強はそこそこで皆と楽しく騒ぐ季節でした。 G.I.Aに通っていた頃は クリスマスといってもギリギリまで実習の 授業があったりであまりクリスマスの雰囲気 では無かったと記憶しています。 日本に帰国してからは外資系の会社だったので 12月になると売り上げをシッカリとしないと いけない上、スイス本社から監査の為に 本社の副社長が来るので皆ピリピリしていました。 それでも、若い社員で男性は彼女にプレゼントを しないといけないので何と彼女に贈ったら 喜ばれるか必死に考えたものでした。 宝飾品の貿易商社に勤務しているのでかなり安く グレードの高いジュエリーが購入出来たので 結構奮発したものです。 この季節になると若い彼が一人でエンゲージリングを 探しに来る人が増えて来ます。 僕達も昔はこんな感じだったのかなーと懐かしくも有り、 応援したくなります。 出来るだけ自分がプレゼントする時の気持ちになって アドバイスをさせて頂きます。 本当に皆、真面目にどうしたら彼女が喜んでくれるかと 悩んでいますので、リングを受け取った彼女は 是非彼のそんな気持ちも判ってくれたら良いのにと思っています。 そうなるように、私も頑張ってダイヤモンドを選び リングデザインも一緒になって彼が自信を持って 彼女に渡せるお手伝いをさせて頂きます。 この週末ならクリスマスに何とか間に合うように お造りさせて頂きます。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 商品情報 | コメントをどうぞ

H2ロケット

今、TBSのテレビドラマ「下町ロケット」が評判ですが、 昨日、改良型H2ロケットが打ち上げに成功しました。 この、ロケットはドラマのように町工場の職人技の塊です。 ダイヤモンドを研磨するのも本当に職人技です。 0.3CTでも直径が4.3mmほどです。 この小さな結晶を58面体に角度や各面の大きさなどを 決められた通りに研磨して行く技術は忍耐と努力の賜物です。 そして、リングのサイドに使うメレダイヤモンドと呼ばれる 直径が1.5mmほどのダイヤモンドも同じく58面体に研磨されています。 そもそも、1カラットの原石を見つけるのに 約400トンもの土砂からやっと1カラットサイズの 原石を一粒見つける事が出来る位の確率ですから、 全て非常な手間が掛かっています。 アントワープなどにある研磨工場にしても 町工場の域を出ないものです。研磨する機械も オートマティックのものも有りますが セミオートが殆どではないでしょうか。 一方、リングを造る時も加工職人が殆ど手作業で 作って行きます。鋳造などをする時は 機械を使いますが、ダイヤモンドを留めたり リングの表面を磨きあげたりするのは、 全て手作業です。 直径1.5mm程のダイヤモンドを正確に 留めて行くのはかなり難しい作業です。 慣れていないと歪んで留めてしまうとリングとして 死んでしまいます。 ほんの少しの歪みでも許されない厳しい世界です。 ダイヤモンドの場合は100分の1mmでも狂っていると トリプルエクセレントとは認められない可能性が高まるので 非常に厳しい精度が求められています。 そんな職人技の塊のダイヤモンドを是非手に入れてください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

G.I.Aのグレーディングレポート

昨日お越し頂いたお客さまからの質問です。 G.I.Aの鑑定書には、ハートアンドキューピッドは 無いのですかとの質問でした。 というのはある大阪の心斎橋にあるジュエリーショップで カットの評価がトリプルエクセレントのダイヤモンドを 見たのですがハートアンドキューピッドの説明も無かったし、 スコープで見せてもくれなかったのでどうなんだろうと思った事でした。 正確にお答えすると、G.I.Aでもハートアンドキューピッドの 表示のあるグレーディングレポートも存在します。 しかし、G.I.Aではハートアンドキューピッドに 重きをおいていません。 それにレポートに写真も有りませんので、 グレーディングレポート上では判りません。 それとトリプルエクセレントが必ずしも ハートアンドキューピッドではありません。 単なるトリプルエクセレントでしか無いものも G.I.Aの鑑定書付きのダイヤモンドには多く 見うけられます。 殆どの業界の人の判断ではハートアンドキューピッドでない トリプルエクセレントは単なるエクセレントと評価は同じです。 G.I.Aの鑑定書付きでトリプルエクセレントとだけ 表示されていて他のショップよりかなり安いものは インドで研磨されたダイヤモンドであると思います。 結論からいえば、安くても当然なのです。 アントワープなどで研磨された本当の ハート&キューピッドのトリプルエクセレントとは別物なのです。 チョット勘違いしそうですが気をつけてください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

蛍光反応の続き

ダイヤモンドの蛍光反応については 正しく説明出来る人はかなり少ないと思います。 以前、或るお客さまが色々ジュエリーショップを 見て廻ってから婚約指輪の購入を考えたいので、 判断基準を教えてくださいと尋ねられました。 蛍光反応について質問をされたらいかがですかと お答えしました。 何軒か回って蛍光反応はどの様なものですかと 質問しても、殆どのお店が品質と 全然関係が無いので気にする必要はありませんと 答えたそうです。 昨日、蛍光反応が強すぎてオイリーとか オ―バーブルーと呼びましたが、 少し濁って見えるダイヤモンドは絶対に 避けないといけません。 少なくともこれ位は答えたらと思う。 さらに、何故その蛍光反応が起こるのかも 質問してみてくださいと言っていましたので、 それも、訊いてみたところ、 全部のショップで全く答えられなかったようです。 殆どの店のスタッフは販売テクニックだけを トレーニングされているのでダイヤモンドを 販売しているのにもかかわらず知識が伴っていない。 実に嘆かわしい事です。 私どものショップにはどういう訳か 理科系学部を卒業された方が多くお越しになります。 詳しくダイヤモンドの説明も聞き納得して 購入したいからとお越しになられます。 最近は、デザインが優先でダイヤモンドは何でも良いと 思われる方もおられますが、それは、ジュエリーショップの策略です。 ダイヤモンドを見極めるのはそんなにたやすい事では ないので、スタッフ教育が困難なのでしょう。 でも、それっておかしいと思いませんか。 リングの価格の大半はダイヤモンドが占めて いるのですから。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

蛍光反応は重要か

ダイヤモンドを購入する時にダイヤモンドの説明を 色々聞くと思います。 まず間違いなくダイヤモンドの4Cに関しては 何処のジュエリーショップでも説明をすると思います。 それでは、蛍光反応についてはどうでしょうか。 実のところ、どこまで蛍光反応を説明すれば 良いかは結構難しい問題です。 この検査は、G.I.Aで勉強していた頃 そんなに重要視されていなかったと 記憶しています。 多分、MIDIUM BLUEでもFAINTでも NONEでもそんなに品質や価格に影響するとは 習いませんでした。 実際、ダイヤモンドの買い付けをしていても いわゆるオイリーとかオーバーブルーと呼ばれる 少し濁って見える非常に蛍光反応が 強いダイヤモンド以外同じ評価を下していました。 ところが、最近は、MEDIUM BLUEでも 気にする人がいます。 ところが国によっては蛍光反応が強いダイヤモンドを 好む国も有ります。 今でも、ジュエリーショップによっては コスモダイヤモンドとかネーミングをして 特別なダイヤモンドだと販売しているお店も あります。 これは、やり過ぎだと思いますが、 例え蛍光反応がSTRONG BLUEでも オイリーで濁って見えない限り問題ないと思います。 太陽光の紫外線でやや青く光るダイヤモンドも 綺麗に見えます。 しかし、殆どのジュエリーショップで 何故蛍光反応が起こるかを正確に説明出来る 販売員は殆どいません。 全国展開しているショップの殆どのスタッフは 多分私から見れば一般の消費者と知識は殆どかわりません。 実に嘆かわしい事です。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ガラパゴス化

携帯電話で日本方式はガラパゴス化していると 謂われていますが、実は、ダイヤモンドの世界も 日本はガラパゴス化しているかもしれません。 日本の市場では当たり前のハートアンドキューピッドの ダイヤモンドですが、海外ではそんなにも 評価されない事も有ります。 正直なところ、日本人は完璧を求め過ぎるのかも しれません。 しかし、間違いなくダイヤモンドを最高に輝かせる カットなのですが、実は結構研磨するのに手間も 神経も使います。 そして、それが当たり前のように思われていますが、 世界的にみて日本人だけが特に拘っているように思います。 アメリカ市場では一部の本物志向の人達には人気が 有りますが、それでも日本人が求めているレベルよりは 下で十分と思っています。 言い換えれば、日本の市場で今もこの最高のカットが 買えるのは或る意味素晴らしい事だと思います。 アントワープやテルアビブのマーケットでは段々と、 この最高のカットを生産して行こうと思っている 研磨工場が減って来ています。 高い原石を時間を掛けて研磨しても 彼らが利益が出るほどの価格を日本人バイヤーが 払わなくなって仕舞っているのです。 何時か日本市場が回復するのを期待していたが 何時までも回復しないので見放して行っているのです。 綺麗に輝くダイヤモンドを何時まで私達は 買う事が出来るのか心配です。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ベルギー

今回のパリでのテロでベルギ―のブリュッセルが 良く取り上げられていますが、ダイヤモンドの街である アントワープから電車で30分位しか離れていません。 アントワープに駐在していた頃にパリまで美術館巡りに 出かけても片道3時間弱で行けるのでパリにも数回は行きました。 しかし、フランス語が話せないのであまり良い思い出は 有りません。 今、テレビでベルギーはオランダ語圏とフランス語圏に 分かれていると説明されていますが、 正確にはフレミッシュというオランダ語の方言です。 日本流にいうとフランダース語となるのかな。 フランス語圏はほぼ標準的なフランス語だと思います。 私は、アントワープに駐在している時に アパートの直ぐ傍のバンク・オブ・アメリカの 支店が爆弾で爆破されたのに遭遇しました。 また、テルアビブではダイヤモンド取引所の前を走っていた バスが自爆テロで爆破された時にもオフィスでダイヤモンド を買付けしていたので直接の被害には会いませんでしたが、 テロの現場の直ぐ傍で仕事をしていました。 日本では、こんな体験を話すとキット皆さんは驚かれるかも しれませんが、海外に出ると危険とは隣り合わせです。 ロサンゼルスに留学中も近くの銀行に強盗が入って 銃撃戦になったいる所に偶然大学からの帰りに 遭遇してしまい激しい警察と強盗犯の撃ち合いを見て 驚いた事も有りました。 今まで、ヨーロッパの中では比較的安全だと思っていた ベルギーでも、危険な事が有るのだと認識を改めました。 年末や冬休みに海外に旅行に行かれる方は くれぐれも用心して下さい。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var … 続きを読む

カテゴリー: 最近思うこと | コメントをどうぞ

小春日和

11月も中旬になっても20度を超える 凄く温かい日が続いています。 ロサンゼルスに住んでいた頃は、冬の初めの暖かい日の事を ”インディアンサマー”と 呼んでいたように記憶しています。 南東の砂漠地帯からのサンタアナ風が暖かい空気を運んで来ます。 スポーツをするには丁度良いかもしれませんが、 少し異常な感じもしてしまいます。 ダイヤモンド市場も少し異常かもしれません。 この夏頃からの中国市場の減速感。 中東の問題やテロなどの問題が一気に ヨーロッパ経済を混乱に巻き込んでいます。 ノンビリと日向ぼっこしていたい様な気候ですが、 厳しい冬がやって来る兆しも無きにしも非ずで不安です。 ダイヤモンドの世界は海外の生産量はどんどん減少しています。 アントワープでも世界的にとっても大きな カッターが生産調整をしている位です。 アメリカ市場や中国市場は回復が早いでしょうけど、 日本は時間が掛かる気がします。 原石市場はハッキリ言ってコンディションの 良い物は少ないですので、日本市場が欲しがっている ハイグレードのダイヤモンドは供給が先細りする 可能性が大です。 かと言って、なくなる前に買っておこうとする会社も殆ど無いでしょう。 景気ももう少し暖かい感じが欲しいですね。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ