月別アーカイブ: 12月 2015

仕事納め

今年も多くの方にご愛顧を賜り、有難うございました。 今年は、海外のマーケットの変化に振り回されて 大変な一年でした。 多分来年はさらに海外市場では、 日本市場向けのダイヤモンドの生産を減少させると 既に発表している研磨工場も有ります。 ここ数年の円安と合わせて考えると価格の上昇は 仕方がないかと思います。 年内の営業は今日までですが、今日中に婚約指輪を 買っておこうと思う方は是非お越しください。 或る意味残りものには福ありで、良いかもしれませんよ。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s); … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 商品情報 | コメントをどうぞ

サプライズプロポーズ

今朝、テレビを観ていたら女性はどんなプロポーズを 望んでいるかについて調べている番組が有った。 基本的には、サプライズのプロポーズを望んでいて、 婚約指輪を知らない内に用意をしてくれていて、 それでチョットした演出が有るサプライズプロポーズを 待っているようです。 今年は、結構多くの男性が一人でエンゲージリングを 購入に訪れましたが、それは正解です。 そして、多くの男性が選んだリングのデザインを 彼女が気に入ってくれるかを心配されていますが、 今までの経験上言えるのは殆どの彼女達は彼が一所懸命に 選んだリングに満足されているようです。 結婚指輪をお二人でサプライズプロポーズに成功した後に 選びに来られた時のようすでは殆どの彼女は本当に嬉しそうです。 当店で婚約指輪を購入するメリットが実はここにあります。 彼が考えていたご予算でかなり品質も良く大きめのサイズの ダイヤモンドを彼はゲット出来ていたのです。 彼女達は品質も良く思っていたより大きいサイズのダイヤモンドを 見て彼が頑張ってくれたんだと感じたようです。 他店では0.2ct位しか買えないと思っていたのに 0.3ctで品質も高いダイヤモンドを貰えた事に 非常に満足しているのが判ります。 是非、サプライズプロポーズを考えている方は 安心してお越しください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 商品情報, 最近思うこと | コメントをどうぞ

結婚指輪

近頃は結婚指輪も価格競争に巻き込まれて 非常に細いデザインが増えて来ました。 幅も2ミリを切る位も細い結婚指輪です。 確かに最近女性の指も細くなって来ていて、 細いリングを探されている方が多いのですが 本当に耐久性が有るのか心配です。 ファッションリングであれば少しくらい変形しても 構わないと思う方も居られるかも知れません。 しかし、結婚指輪は基本的にずっと着けっ放しですので 強度不足は如何なものでしょうか。 先日も書きましたが素材や製法は重要なポイントです。 私は全農の宝飾事業の顧問をしていた関係で 数々のクレームも見て来ました。 一番多いのが変形や石落ちです。 変形したリングを拝見すると変形するのが 当然の様なデザインの物が殆どです。 見ただけでは製法は分りませんが、 多分鋳造の物が殆どでした。 クレームになるのは購入時に販売員に 変形はしないのかと心配して聞いても 心配はないと思いますと言われたので購入したのに、 直ぐに変形してしまったので怒っているのです。 問題は販売員の質も問題です。 販売する事に必死で真実を告げないから そんなクレームが増えてしまうのです。 そもそもは、デザインと言っているけど 利益を重視しているのではと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報, 最近思うこと | コメントをどうぞ

間違った情報

この時期は、クリスマスと年末でジュエリーショップも 臨時でスタッフを増やしたのか それとも普段から知識が少ないスタッフが多いのかは 判りませんが、お客さまがどこかで間違った知識を 貰って来るとそれを訂正して正しい知識を伝えるのに 結構苦労します。 ダイヤモンドに関する事は一見簡単そうに思えても 実はかなり難しい事が多いのです。 特にダイヤモンドの場合4Cで品質基準を決めていますので、 同じランクであれば同じものだと消費者の方は 思っていらっしゃると思いますが、 VS2以下では結構ダイヤモンドごとに違うものです。 その辺を判った上で仕入れ担当者や買付けをしている バイヤーは同じグレードの範疇でも より良いものだけを探して買うのです。 そんの事も知らない販売員は適当に答えるので 私なら絶対にそんなショップでは大切な婚約指輪を 買おうとは思いません。 兎に角、判断に迷ったら蛍光反応は何ですかと 質問してみてください。 単に、それは全然重要ではありませんと答えたショップでは 購入しない事です。 何故、蛍光反応が起こるかまでは答えられなくても、 どんな蛍光反応をしたダイヤモンドは避けるべきかを シッカリと答えられた所は少なくともチョットマシかな。 デザインだけでなくシッカリとダイヤモンドも選んでくださいね。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 最近思うこと | コメントをどうぞ

海外ブランドのダイヤモンド

海外ブランドの場合は日本ほどカットに 拘りがない傾向が有ります。 私はアントワープに駐在している時に 私が勤めていたスイス資本の会社のパリ支店や フィレンチェ支店からダイヤモンドの注文を 受けたりする事が有りました。 カラーはFカラー以上でカットはVERY GOOD以上で あれば問題なく納品出来ました。 日本の現状ではカットはハート&キューピッドの トリプルエクセレントが当然のように求められますけど、 今でも海外のスーパーブランドは依然と同じような品質基準です。 私はそれが特に悪いとは思いませんが、 とことん拘った選び方をしないのが 少しだけ不思議に思っています。 正直なところ、カットにここまで拘っているのは 日本市場だけかもしれません。 彼らはカットに余分なコストを掛ける位なら 少しでも大きなダイヤモンドを探すでしょう。 クラリティーもVS2でも問題は有りませんが、 大抵の場合はVS1を探すほうが多かったと思います。 VS1であれば余程の事がない限りルーペを使っても 一般の消費者の方には内包物が見えないと思います。 特別なハイジュエリーでない限りVVSクラスは 要求されませんでした。 この様に、市場が変われば選ぶダイヤモンドも 変わって来ます。 本当に面白いですね。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ

リングの素材について

最近、お客さまから相談を受ける中で プラチナリングの品位についての質問が有ります。 差別化を図る為にPT950でリングを造る ショップが有ります。 鋳造で造ってのPT950では非常に柔らかく なって仕舞います。 多分、簡単に変形やキズが入ると思われます。 PT950を使う場合はルテニウムを2%程いれて 残り3%をパラジウムで造ると少しは硬く丈夫になりますが PT900で2%ルテニウムを入れて8%パラジウムを 加えたPT900の方がかなり丈夫になります。 PT950で差別化を単に図るショップが有りますが そんなに後の事を考えないショップはどうでしょう。 結婚指輪はかなり長時間ずっと指にはめたままのリングですので 強度はそれなりに必要です。 鍛造製法でリングを造るなら非常に硬くなって丈夫で 安心ですが、鍛造製法は設備や時間も掛かるので あまりポピュラーではありません。 PT950でも”HOSHI NO SUNA”の様に ルテニウムよりさらに硬いイリジウムを使うと かなり安心ですが問題はイリジウムがかなり高価な素材なのです。 勿論、イリジウムを入れると普通に鋳造は出来ません。 チョット技術が必要になります。 皆さん、単にプラチナの品位だけを見てはいけません。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報, 最近思うこと | コメントをどうぞ

結婚情報誌の功罪

結婚情報誌に掲載されている事が何処までが 本当に信じたら良い事か一般の消費者の方には 判断が困難だと思います。 中には掲載されているショップは特に評判が良くて 特別に取材をして取り上げられていると思っている人もいる位です。 あれは全て広告です。 1ページあたり60万円から90万円位支払って 広告として載せているのです。 出版会社は掲載されている事が真実かどうかなどは 一切確認を取っていません。 表現が景品表示法的に問題が有る表現かは審査しますが 内容は真実でなくても問題にはしません。 あたかもアントワープのカッターが直接日本で小売店を出していると 思わせる様なショップでも事実はそうでなくても当然のように載せています。 実際は店頭に並んでいるダイヤモンドの殆どが実はリサイクルダイヤモンドであっても もし、そこのショップが直輸入しているダイヤモンドであると原稿を書けばそのまま掲載を しています。 出版会社として、消費者に正しい情報を提供しているかどうかなどの モラルは皆無に等しいものです。 同じく結婚式場やホテルからの紹介も同じ様なものです。 自分の所にリベートが入れば何でも良いのです。 購入した人が本当は損をしても彼らは何も感じないのです。 年末年始に結婚情報誌を見てみようと思われる方は そこらへんの事を理解した上で見た方が良いと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = … 続きを読む

カテゴリー: マーケット情報, 商品情報 | コメントをどうぞ

冬至

最近は子供の頃ほど昔ながらのゆず風呂などには浸かりませんが、 カボチャは食べる事が有ります。 何故カボチャを食べるのかは知りませんでしたが、 ナンキンとも呼ばれているカボチャは ”ん”が付くので運が良くなるとか色々な謂れが 有りそうですが、カボチャにはビタミンAやカロチンが 含まれているので風邪の対策になります。 ゆず湯も健康に良い筈です。 しかし、最近はゆっくりと湯に使ってゆずの香りを 楽しみながらの入浴もままなりません。 今年も後もう少し、そしてクリスマスを前にして 男性は大忙しかな。 昨日も彼お一人で婚約指輪を探しに来られたのですが、 彼女が気に入ってくれるか心配でなかなかデザインが 決まりませんでした。 最後には、ダイヤモンドをルース(枠に留めない状態)で プロポーズをして、その後彼女と来店してリングの デザインを選ぶ事にしてやっと 彼はホッとして喜んで帰られました。 何時の世も男性の心配は一緒です。 一つ言える事は自信を持ってプロポーズを すれば、キット大丈夫です。 心配し過ぎの男性が多い様な気がします。 多分、今の男性は優しすぎるのかもしれません。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報, 最近思うこと | コメントをどうぞ

リサイクルダイヤモンドⅡ

昨日、リサイクルダイヤモンドについて書きましたが、 そのショップの方が認識していないけどリサイクルダイヤモンドを 仕入れている場合も実は結構多いのです。 20年以上前に輸入されたダイヤモンドは 研磨技術が今ほど進んでいなかったので カットのランクが”GOOD”か”VERY GOOD”が 殆どでした、 そんなダイヤモンドを街のダイヤモンド買い取り専門店が 買い取り、それを再研磨して”ハート&キューピッド”のように 優れたカットに磨き直して販売する業者が有ります。 この辺りのダイヤモンドになると海外から国内の流通過程の 情報を持っていないと何処のショップのダイヤモンドが リサイクルダイヤモンドかか判断出来なくなってしまいます。 例えば、ゼクシーなんかにも良く広告を掲載している IP社や京都のN社などのダイヤモンドは かなりの比率でこの様に再研磨されて市場に出て来た リサイクルダイヤモンドです。 アントワープ市場での価格と国内の相場が十分に 連動していない市場環境では致し方がないのかも しれませんが、早く本来の状態に戻って欲しいものです。 そうでないと、アントワープのダイヤモンド業者は 日本市場を相手にしなくなります。 また、彼女の為に頑張って買ったダイヤモンドが リサイクルのダイヤモンドだったら ガッカリしてしまう様な状態が長く続くのも問題です。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ

リサイクルダイヤモンド

数年前から街のあちこちにダイヤモンド買い取り店が 増えているのにお気づきでしょうか。 円安が進んでドルは円に対して50%程上昇したので ダイヤモンドの輸入コストも物凄く変化しました。 しかし、婚約指輪の小売価格は少し上昇しましたが、 以前の1.5倍にはなっていません。 多分、今、国内で価格を上げているのは海外ブランドの婚約指輪 位だと思います。 国内で今の問題は、リサイクルダイヤモンドが 氾濫している事です。 東京の御徒町や大阪の心斎橋辺りのショップの殆どは このリサイクルダイヤモンドが中心で販売しています。 しかし、消費者の方にはそのダイヤモンドがリサイクルか どうかは当然知らしてはいません。 本当は、情報開示のして販売すれば良いのですが そんな事はしていません。 ゼクシーに何ページも広告を載せていても ダイヤモンドを安く販売しているショップは 当然殆どのダイヤモンドがリサイクルダイヤモンドです。 今、海外から直接ダイヤモンドを輸入して、 良心的価格で販売しようとすれば広告宣伝費等の 一番経費の掛かる部分を削減しないと無理な話です。 私でもたまに判断が出来ない物が有るのは事実です。 でも、少しでも疑問に感じた場合には仕入れをしません。 いくら安いと言っても原石の原価から考えて異常に 安いダイヤモンドには私は手を出しません。 こうなったらモラルの問題です。 昨日も知り合いの男性から相談を受けて安いダイヤモンド が有るので買ったら良いか迷っているのでとの相談でしたが、 中古でも気にしないなら買っても問題は無いのではと 答えると、やはり止めておくと返事が来た。 彼は賢明だと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ