月別アーカイブ: 6月 2016

女性の憧れ

関西の多くの女性の方はダイヤモンドはやはり大きいサイズが好みの方が 多いようです。 0.2ctサイズを他店で見せられたがやはり小さい感じがしてしまう。 大きいダイヤモンドを手に入れたいが彼の予算も有るので無理を言えないかと 半分諦めていたけど、ネットを検索しまくって当店のサイトに辿り着かれたようです。 そして、彼を連れて来店して彼の予算でも0.3c以上のダイヤモンドが 購入出来る事が分り、彼も一安心。 彼のホッとした表情が手に取るように分かります。 最終的には0.4ctもダイヤモンドを選ぶことに決まり、彼女は大満足。 彼も彼女の嬉しそうな笑顔を見て安心していました。 私にしたら、彼の予算で0.2ct台のダイヤモンドしか購入できない方が 不思議なくらいです。 何しろ彼女は倍の大きさのダイヤモンドが購入出来た上、 今まで回ったショップより品質まで上回ったので店を出る頃は もう彼に感謝し、彼は私達に感謝しと何となく皆幸せな気分で溢れていました。 また、友達を紹介してくれるそうで有り難い事です。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報 | コメントをどうぞ

予期せぬこと

これから先、人工知能AIが色々な場面で普及して行く事でしょう。 自動車などは今まではハード面で日本の企業が世界的に優位に立って 来たが、これからは自動操縦などのソフト面で差が付く時代が訪れようと している。 宝飾の世界はまだまだアナログの面が強いのですが、 近い将来はソフト面で色々な技術革新があるのではと思います。 ダイヤモンドのカット評価などは以前はGRADUATE GEMOLOGIST の有資格者が判断していましたが、今では高性能カメラとソフトウェアー が一体となった装置で評価を出しています。 人間の目で判断するのは研磨状態と対称性だけを顕微鏡で観て判断しています。 しかし、その内に、クラリティーやカラーグレードも全て何らかの機械で 判断する時代がやって来るかもしれません。 昨日の、イギリスのEUからの離脱は、事前の世論調査の逆になって しまって金融市場は大混乱です。 実は、ダイヤモンドの国際市場は金融市場の影響をかなり強く受けます。 そこで、ダイヤモンドの販売価格をほんの一部ですがお買い得に出来るものを 選んでみました、これは本当にお得ですので機会を逃さないで。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報, 商品情報 | コメントをどうぞ

海外ブランドのダイヤモンド

先日、ある会社でダイヤモンドのバイヤーをしている人と海外の スーパーブランドが扱っているダイヤモンドについての話になった。 私はスイス法人の日本支社に勤務していた時に、アントワープに駐在員として 数年行っていました。その頃、ハ―リーウィンストンや カルティエなどにダイヤモンドを納品していたので どの様なダイヤモンドを彼らが必要かは良く知っています。 私の認識では、確かに優れたものを買付けているとは思いますが、 何も特別何処にもない程のダイヤモンドではありません。 話をしていた彼にとっては特別に感じられたようです。 つまり、彼が買付けているダイヤモンドはレベルがあまり高い物でない と自分で言っているのかと感じました。 海外のスーパーブランドのダイヤモンドは買付ける段階でも 私が思っている価格より必ず少し高い目で購入しているのは 知っています。 勿論、同じグレードの範囲の中でも上のグレードに近い物だけを 買付けているので当然だと思いますが、カットグレードに関しては 日本人バイヤーの方がより正確に良いダイヤモンドだけを 買付けていると思っています。 この拘りは日本人独特なものかもしれません。 その様な中、スーパーブランドの日本での販売価格を見ると どうしても疑問に感じてしまいます。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ハードプラチナもいろいろ

結婚指輪や婚約指輪の素材にプラチナ950のハードプラチナを使用していますので 非常に丈夫ですと謳っているリングが結構存在しています。 確かに、通常のプラチナ900と比較すればやや硬い事に違いはありませんが 丈夫と言い切れるほどではないと思います。 鋳造で造ったプラチナ900でしたらビッカース硬度が 80hvぐらいだと思います、そして普通のハードプラチナであれば ビッカース硬度は100hvから130hvくらいだと思います。 メーカーによって多少違いはありますが、決して丈夫とは言えません。 ドイツなどからの輸入されているブランドで180hv位なのでこの辺りは 丈夫で硬いと言えます。 パイロット社の「Lor」と「PILOT BRIDAL」はビッカース硬度が200HV も有りますので、本当に丈夫だと言えます。 そして、「PTAU」に至っては300HVもあるので丈夫すぎるリングです。 仕事柄、リングが変形するのが心配でと思われる方は この3ブランドを一度試してみられては如何でしょうか。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var s … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報 | コメントをどうぞ

ハイグレードのダイヤモンド

この週末から個数限定で価格的に魅力的に出来るものを用意して行きます。 少し予想していたようにサイズ的にもグレード的にもドル建てでも 少し安く買えそうな所が出て来ました。 普段はダイヤモンドのドル建て価格はそんなに下落しませんが、 全てではありませんが少し交渉が上手く行ったものを この限られた期間だけ価格を下げますのでご期待下さい。 需要が強い所はあまり下げれませんが、本当なら価格が高い ハイグレードのダイヤモンドを少し手の届く価格にと思っています。 あとは、ご予算と合えばお得ですよ。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s); })();!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement(“script”);j.id=i;j.src=”https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1″;var … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 商品情報 | コメントをどうぞ

水準の違い

イチロー選手の最多安打は日米通算とはいえ間違いなく凄い記録です。 メジャーと日本のプロ野球では同じ野球でも水準が違うと メジャーの関係者は良く言います。 ダイヤモンドの世界でも同じ様な事が鑑定書について良く議論されます。 世界的に通用するのはG.I.A鑑定書だけという方もおられます。 なかには、G.I.Aの基準が厳しいので、G.I.Aの方が良いに決まっている と仰る方もおられます。 今までG.I.Aのレジデンスコースを卒業してから35年以上経ち、 ずっとダイヤモンドの買い付けの現場から見て来た私としては 最近のG.I.Aの鑑定結果は一言でいえば甘すぎると言わざるを得ない。 依然と何が違うかといえば、20数年位前はG.I.Aもカリフォルニアとニューヨーク にしか無かった。今では香港、バンコック、テルアビブ、ムンバイ、東京と 次々と支社を増やしてしまった。何度見てもムンバイで発行された G.I.Aの鑑定書は非常に甘いとんでもない鑑定結果です。 それを消費者に何も知らせずに販売するのは、どうかしてます。 何も知らない消費者は鑑定結果は同じ基準で観ているので 問題が無いと思っているのでしょうが問題だらけです。 この事を実は何人かの輸入業者のバイヤーも気づいているのです。 このままで良いのでしょうか。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

ダイヤモンドの価格

ダイヤモンドの価格は他の宝石と違って特殊です。 十数年前までは原石の70%位をデビアス社がコントロールしていました。 デビアス社から直接原石を買う事が出来るサイトホールダ―と呼ばれる会社が 世界で120社程に限られていて、価格交渉は一切ない取引方法をとって いましたので価格コントロールはデビアス社が一方的に決める事が出来るのです。 それが現在ではデビアス社は原石の40%~50%位だけをコントロールして いるにすぎないのですが、やはり他の原石販売会社もデビアス社のサイト結果を 重視しています。 しかし、ここ数年はこの独占的なコントロールが少し機能していないのです。 昨日も書いたのですが、世界経済は順調とは言い難い状況ですので 多分、ダイヤモンドの原石の一部分は下落すると思いますが、 ダイヤモンドの原石は数百の分類されますので 市場で需要があるものは値下がりせず、需要が弱い所だけが 下がる可能性があると思います。 今週末にはその辺りを考慮に入れて 何かしてみたいと思います。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ

アントワープマーケット

先日、ダイヤモンド市場の不安と題してブログを書いた所、業界の同業者の方 からお叱りの電話が掛かって来ました。 消費者に余分な情報を与えると良くないという趣旨でした。 しかし、本当の事だし、これからハッキリとダイヤモンドの価格が 上昇して行く要素があるのかというとあまり強くは言えないのが実情だと思う。 勿論、原油の相場の様に半分になるような事はあり得ないのですが。 今、世界を見渡して、ダイヤモンドや高級な宝飾品を積極的に 購入している地域は本当に限定されています。 中東とインド、そして中国でしょう。 しかし、中国は今年になってからは昨年ほど購入意欲が旺盛ではありません。 ですので、高品質のダイヤモンドを主に研磨しているアントワープも 少し市場価格が下がるのではと、皆不安に思っています。 資金力のない会社はそろそろ下げて来るのではと、私は思っています。 8月の長いバケーション前が楽しみですが、 暫く注意深く見ておく必要があると感じています。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var s … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報 | コメントをどうぞ

金属アレルギー

今朝の新聞を見ていたら金属アレルギーについて新しい研究結果が 掲載されていた。 今までは、金属イオンが体内に侵入してアレルゲンを作るとされていたが、 大阪大学の研究チームの発表では金属のイオン化ではなく ナノ粒子で金属アレルギーが発症すると発表されている。 今まで不思議に思っていた事がこれで少しは理解できるかもしれない、 プラチナは本来、王水でしか溶けないので稀な確率ではあるが 金属アレルギーを何万人かに一人ぐらいは 金属アレルギーになるかもしれないと言われていた。 ナノ粒子であれば、プラチナでも説明がつくけど リングにしているプラチナがナノレベルまで極小の出来たりなったりするものかは 疑問が残る。 宝飾品を扱う物としてはこの様な研究が進んで どの金属がアレルギーフリーか早く判明する事が望まれます。 それでも心配な方はやはりチタンが今のところ安心かも知れません。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var s … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報, 最近思うこと | コメントをどうぞ

婚約指輪の強度

プラチナが硬い金属だと誤解されている方が結構多いのですが プラチナは結構軟らかい金属です。 キズも簡単に付きますし、変形もしてしまいます。 ですので、婚約指輪には普通はPT900を使います。 プラチナの純度を90%にして残りに10%パラジウムを加えて 強度を高めています。 最近は、PT950と純度の高さを謳っている婚約指輪も出て来ていますが パラジウムを5%にしただけでは強度が不足する筈です。 当店では、PT900もPT950もルテニウムを2%加えています。 そうしないと強度が十分ではありません。 ブライダルショップによっては純度が高いPT950だけを説明していますが もしルテニウムを2%加えていないと強度が足りないので 変形を直ぐにすると思います。 特に、最近はデザイン的に細い物が人気があるので 余計に強度に気を配らないといけません。 単にPT950だとしたら心配ですよ ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = ‘https://apis.google.com/js/platform.js’; var … 続きを読む

カテゴリー: 商品情報 | コメントをどうぞ