月別アーカイブ: 6月 2018

夏がやって来ました

関東地方は昨日、梅雨が明けたようです。 6月中に梅雨が明けるなんてビックリです。 ウェザーニュースによると、 「近畿以東では梅雨明けが平年より早くなるとみています。 中国・四国地方ではおおよそ平年並み、九州では平年より遅い梅雨明けとなる可能性があります。」 だそうです。 梅雨明けのこの時期は紫外線が非常に強くなります。 みなさんが、紫外線を気にするように、 ダイヤモンドも紫外線の影響を受けます。 ほとんどのダイヤモンドは紫外線の影響で蛍光反応を起こし、 約80%のダイヤモンドは紫外線の影響で青白く光ります。 しかし、明るい場所ではほとんどわからないぐらいの光り方です。 極わずかですが、濁ったように見えるダイヤモンドもありますが 当店のような、プロのバイヤーが仕入れる店では、 そのようなダイヤモンドを買い付けることはありませんので、 安心してください。 当店のホームページのリストに載っている、 どのダイヤモンドを選んで頂いても心配はありません。 それにしても、女性にとってもダイヤモンドにとっても紫外線は厄介ですね。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド | コメントをどうぞ

次の対戦国はベルギー

昨晩のポーランドとの試合はあまりの酷さにがっかりです。 1戦目と2戦目が結構良いゲームだったので期待はずれです。 次のベルギーは無茶苦茶強いですが、 韓国があのランク1位のドイツに勝ったことを考えると サッカーはやってみないと わからないものです。 ベルギーはヨーロッパでも小国の方です。 それでもFIFAランクは3位ですので、凄いですね。 ベルギーの主要産業の1つはダイヤモンドの取引です。 私もアントワープに駐在していたことがあります。 そのころは、そんなにサッカーの強い国ではなかったようですが、 それでも、いたるところに芝生のサッカーグランドがあって 小学生くらいの子達もその上でサッカーの練習をしていたのを覚えています。 しかし、今回のベルギーの代表メンバーは 1人を除いてイギリスやドイツなどのクラブに所属していてビックリです。 何とか、日本代表チームに良い内容のゲームをしてもらって そして、勝ってもらいたいです。 頑張れ、サムライJAPAN!! ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = … 続きを読む

カテゴリー: 最近思うこと | コメントをどうぞ

歪んだマーケット

ダイヤモンドの価値、 つまり価格というものは、本来は品質によって決まってくるものです。 しかし、今はかなり変です。 もちろん、品質が下のダイヤモンドが それよりも品質が上のダイヤモンドよりも 高くなる事はありませんが、 本来の理論値から考えると、バランスが崩れてきています。 クラリティが、SIクラスのダイヤモンドに需要が、集中してしまっているようなので、 本来の価値からすれば高すぎるようです。 そのため、クラスが上の、VSクラスのダイヤモンドとの価格差は ほとんどありません。 なぜ、SIクラスに需要が集中しているかというと、 国内の大手ジュエリーショップがこのクラスを 買い付ける傾向があるのが原因の一つではないかと 思われます。 大手ショップでは、婚約指輪の価格が高い傾向にありましたが、 昨今は、購入する予算が下がってきたこともあり 販売価格も下げざる負えなくなっています。 しかし、これらのショップは宣伝広告費などの経費は抑えるどころか 上がる一方です。 そうなると、必然的にダイヤモンドのクラスを下げて価格を調整することになってきます。 これが、クラス下の(価格の下がる)SIクラスのダイヤモンドに集中している原因だと 推測します。 そのため、SIクラスの価格が高止まりしています。 このような状態は日本国内だけの現象で、 海外の市場では起こっていませんので 今は、買い付けも大変です。 今でしたら、VSクラス、特にVS1クラス以上のダイヤモンドは、 割安感があるので、このクラスを買うことをおすすめします。 さらに、当店では、宣伝広告費などの経費は極力抑え、 買い付け経験豊富なプロの鑑定士が厳選したダイヤモンドを 適正な価格で仕入れるように努力しております。 VS1クラス以上のダイヤモンドをセットした婚約指輪が 大手ショップのSIクラス(下のクラス)の指輪よりもずっとお安くお買上げいただけます。 ぜひ、一度ご来店ください。お待ちしております。 ダイヤモンドのクラリティについては、こちらを参照してください。 https://www.mondiam.jp/md_boot/about_diamond_4c.html#clarity ダイヤモンドやリングのことは、こちらを参照してください。 https://www.mondiam.jp/md_boot/about_dia_ring.html ツイート!function(d,s,id){var … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, マーケット情報, 商品情報 | コメントをどうぞ

ワールドカップ2018

今、ロシアのサッカーワールドカップが盛り上がっておりますが、 今回のワールドカップのテレビ放送のオープニングCGに ダイヤモンドが出てきます。 ロシアの教会やクレムリンなどが出てくる中央で回転している物体。 選手の顔などが写り込んでいますが、これがダイヤモンドです。 ダイヤモンドが逆さまで回転しています。 気が付いた方はいますでしょうか? ロシアの名所やモノがいろいろと登場してきますが、 ロシアはダイヤモンドの産出では世界でトップクラスですので、 ダイヤモンドが真ん中で回転しているのでしょう。 さえ、今回の大会にもダイヤモンドに関係する国がたくさん出場しています。 ロシア、ベルギー、ブラジル、オーストラリア、イングランド ロシア、ブラジル、オーストラリアは産出地です。 ベルギーとイングランドは研磨地であったり原石の取引所があります。 かつては、ポルトガルやスペインも研磨地であったのですが 多分、今は研磨工場はありません。 今度、サッカーのワールドカップ放送を見るときは、 回転しているダイヤモンドに注目してください。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:'https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’); window.___gcfg = {lang: ‘ja’}; (function() { var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true; po.src = … 続きを読む

カテゴリー: ダイヤモンド, 最近思うこと | コメントをどうぞ