ロシア産を強調するのは無意味

今朝、
あるテレビショッピングで、
0.2ctのダイヤモンドペンダントを販売していました。

番組の中で強調していたのは、
このダイヤモンドはロシア産なのでよく輝くということです。

これは、明らかに間違った説明で、
ダイヤモンドの輝きなどの品質は
原産地はあまり関係がなく、カットにより決まります。

それに現在日本に輸入されているダイヤモンドの多くは
ロシア産です。何も特別に珍しいものではありません。
同じロシア産のダイヤモンドが一番多く出回っているので
そのなかで、産地を強調するのは
「実はダイヤモンドのことをよくわかっていない」
ということを自分から言っているようなものです。

繰り返しますが、
ダイヤモンドの輝きの良さは、原石の産地ではなく
カットにより決まります。

このあたりのことを
良く理解した上でダイヤモンドを選ばれるように
されることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




ミスターモンディアム&ミスアフロディーテ
ランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックして下さい。↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダル(業者)へ

カテゴリー: ダイヤモンド, 最近思うこと   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>