選挙速報・開票結果

浅川町議会議員選挙 結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

こちらの記事では2019年9月15日投開票福島県浅川町議会議員選挙2019(浅川町議選)の開票結果速報として、確定するまでの開票結果をリアルタイムでご紹介していきます。

その他、立候補者名簿一覧と当選者や落選者の得票数、選挙情勢や投票率などについてもご紹介しますのでご参考ください。

浅川町議会議員選挙2019年の結果速報・開票結果・当選者・出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派
425岡部 宗寿62無所属
418会田 哲男65無所属
407金成 英起69無所属
386円谷 忠吉67無所属
339兼子 長一63無所属
337水野 秀一75無所属
321角田 勝か78共産
284木田 治喜65無所属
280上野 信直63共産
280菅野 朝興41無所属
225渡辺 幸雄68無所属
171須藤 浩二50国民
156久保木 芳夫72無所属

浅川町議会議員選挙2019年の立候補者一覧と情勢

こちらでは浅川町議選に立候補した候補者情報から選挙戦の情勢を見ていきたいと思います。まず立候補者一覧です。

氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
上野 信直63共産政党役員
うえの のぶなお
岡部 宗寿62無所属会社役員
おかべ そうじ
木田 治喜65無所属無職
きだ はるき
菅野 朝興41無所属僧侶
かんの ともおき
久保木 芳夫72無所属農業
くぼき よしお
会田 哲男65無所属無職
あいだ てつお
円谷 忠吉67無所属会社役員
つむらや ちゅうきち
水野 秀一75無所属農業
みずの ひでかつ
金成 英起69無所属農業
かねなり ひでき
兼子 長一63無所属農業
かねこ ちょういち
渡辺 幸雄68無所属農業
わたなべ ゆきお
須藤 浩二50国民自営業
すとう こうじ
角田 勝78共産農業
かくた まさる

 

今回の浅川町議選は、定員12に対して立候補者は13名。前回と同じ定数で争われます。立候補者は2015年には12名、2011年には今回と同じく13名の立候補がありました(2011年の定数も12)。

 

次に立候補者を分析してみます。現職9新人4元職0人です。全体の平均年齢は64.46歳とやや高く、最年少は41歳、最年長は78歳です。立候補者世代別人数を見てみます。

年代人数
30代0
40代1
50代1
60代8
70代3

 

60代以上の立候補が11人と全体の85%を占めています。ちなみに党派別人数は以下の通りです。

党派人数
共産党2
国民民主党1
無所属10

2015年も今回と同じく共産党から2人立候補しています。今回は国民民主党が初めて1人擁立し、他の候補者は無所属での立候補です。

 

浅川町の町議当選の傾向を把握するために、現職・新人・元職の当選率を2011年について算出してみました。

2011年人数(人)当選(人)落選(人)当選確率(%)
新人330100
現職109190

 

2015年は定数12に対し12名の届け出だったため無投票でした。2011年は新人が全員当選し、現職が1人落選しました。今回は現職9人に対して新人が4人立候補しており、新人が全員当選した2011年のようになるか注目です。

投票率は2011年に79.32%と高い投票率を記録しています。

 

2011年の当落を分けた得票数は11票と僅差の選挙戦でした。全体でも1位から13位までの差が176票であり、激しい選挙戦でした。今回も1人しか落選しないため、熾烈な争いが予想されます。

福島県浅川町の特徴や抱える課題

浅川町は福島県中通りの南部に位置している内陸の町で、東は鮫川村、西は白河市、南は棚倉町、北が石川町とそれぞれ接しています。阿武隈山系の雄大な自然と田園風景に囲まれた町で、町域は東西8km、南北12kmにおよび、総面積は37.43k㎡を有しています。

 

1935年8月に浅川村が町政施工して浅川町が誕生しました。1954年に山白石村、1955年に小野田村の一部と合併し、現在の浅川町になっています。

 

福島県の主要地方都市である郡山市から37km、白河市からは25kmの場所にあります。

毎年8月には花火大会としては県内最古の歴史を誇る浅川町花火大会が開催され、約3万人の見物客が訪れます。

 

浅川町では全国的の多くの自治体と同様に、人口の減少と少子高齢化の課題を抱えています。人口は1950年から1975年にかけて約2,000人減少し、1980年代に微増したものの1995年からは再び減少に転じ、1950年の9,490人から2010年には6,888人になっています。

 

年少人口は1980年から一貫して減少し、生産年齢人口も1990年以降は年々減少を続けていて、高齢化率は25.9%に達しています。

 

人口が減少し、少子高齢化が進むことで労働力不足や地域経済の縮小、地域社会の活力低下につながります。特に各産業の担い手不足が深刻化し、農業分野では浅川町の誇る米の栽培に影響が出ることが想定されます。

 

そのため産業の振興による安定した雇用の創出と産業の育成、若い世代の子育てを支援することで定住を促進する取り組みが求められています。浅川町では第5次振興計画を策定し、「笑顔をあふれる 住みよいまち 浅川」を目指す将来像に定め、4つの政策目標を掲げています。

  • 健やかで安心・快適な暮らしづくり(保健・医療・福祉の充実と生活環境の整備)
  • 未来に輝く人と文化づくり(子育て支援の充実と教育・文化環境の充実)
  • 活力と交流に満ちた産業づくり(産業の育成)
  • 持続的発展を支える基盤づくり(生活基盤の充実と協働・行財政基盤の充実)

 

人口の減少と少子高齢化が長らく続いている浅川町。産業の振興で町を発展させ、子育て支援政策で若い世代の定住化を図ることが必要です。ずっと住み続けたくなるまちづくりを進め、新たな活力を呼び起こし、安心して暮らせる住みよい浅川町を目指して今回の町議選で皆さんの貴重な1票を投じてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、浅川町議会議員選挙2019の開票結果・開票速報情報でした。

本サイトでは2019年9月15日投開票のその他地域の選挙情報についてもご紹介していますので、参考になさってください▼

その他2019年9月15日投開票の選挙一覧