選挙速報・開票結果

角田市議会議員選挙 結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

こちらの記事では2019年9月15日投開票宮城県角田市議会議員選挙2019(角田市議選)の開票結果速報として、確定するまでの開票結果をリアルタイムでご紹介していきます。

その他、立候補者名簿一覧と当選者や落選者の得票数、選挙情勢や投票率などについてもご紹介しますのでご参考ください。

角田市議会議員選挙2019年の結果速報・開票結果・当選者・出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派新旧
当選1,435武田 暁44無所属
当選1,310馬場 道晴53公明
当選1,246黒須 貫55無所属
当選1,202菅野 マホ60無所属
当選1,193柄目 孝治71無所属
当選920.456堀田 孝一64無所属
当選887渡辺 誠67無所属
当選872相沢 邦戸75無所属
当選744小湊 毅53無所属
当選685日下 七郎77共産
当選677.543武藤 広一57無所属
当選673八島 定雄67共産
当選574菊地 利衛65無所属
当選560小島 正77無所属
当選518湯村 勇62無所属
当選456.6星 守夫66無所属
303.399星 隆悦67無所属

角田市議会議員選挙2019年の立候補者一覧と情勢

今回の角田市議会議員選挙には、定数16に対して17人が立候補しました。

党派別、新旧別の内訳は以下の通りです。※()内は女性

 

現職新人
共産党2(0)0(0)2(0)
公明党1(0)0(0)1(0)
無所属11(1)3(1)14(2)
合計14(1)3(1)17(2)

 

現職14名、新人3名の戦いとなりました。

党派別では、共産2、公明1、無所属14で、女性候補は2名となっています。

 

前回2015年の角田市議会議員選挙は定数18名に対し20名が立候補し、現職12名、元職1名、新人5名が当選しました。

 

党派別では共産2、公明1、自民1、無所属14で、女性の当選者は1名、投票率は65.14%でした。また、最下位当選者の得票は581票、次点は562票でした。

2015年角田市議会議員選挙の開票結果

結果得票数氏名党派
2017武田 暁無所属
1248黒須 貫無所属
1098馬場 道晴公明
1006.553堀田 孝一無所属
917渡辺 誠無所属
824柄目 孝治無所属
812.446武藤 広一無所属
812相沢 邦戸無所属
773星 守夫無所属
750.551八島 利美無所属
738小湊 毅無所属
717本田 敏昭無所属
700.448八島 定雄共産
694谷津 睦夫無所属
679日下 七郎共産
653細川 健也無所属
623湯村 勇自民
581小島 正無所属
562高橋 力雄無所属
159黒山 幹夫無所属

 

前々回2011年の同市議選は、定数18名に対し20名が立候補し、現職17名、新人1名が当選しました。

 

党派別では、共産党2、公明党1、自民党1、無所属14で、女性の当選者はゼロ、投票率は66.23%でした。また、最下位当選者の得票は619票、次点は618票でした。

 

今回の2019年同市議選は、投票率や得票の集中・分散により変動するものの、前回・前々回と同様に少数激戦であり同じ水準である550~650票が当選ラインとなる可能性があります。

角田市の特徴や抱える課題

角田市の特徴

角田市は、宮城県南部に位置する面積147.53平方キロメートル、人口約2万8000人の都市です。

 

四方を山に囲まれ市内を南北に阿武隈川が流れ、古くから養蚕がさかんで、米、大豆、梅の栽培でも名高い地域です。

 

また、角田市にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究所があり、宇宙に関するイベントが多数行われています。

角田市の課題

角田市の人口は、1990年の35,431人をピークに減少し続け、1995年には老齢人口が年少人口を上回り、以降も少子高齢化がますます進んでいます。

 

 

また、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、角田市の人口は2040年には 21,000人程度にまで減

少すると見込まれています。

 

したがって、角田市にとって人口減少や少子高齢化への対応が急務であり重要な課題となっています。

 

このような状況の中、角田市は「まち・ひと・しごと創生戦略」において、2060年に人口2万人を確保する目標を設定した上で、以下4点を基本戦略として掲げ市政を運営しています。

 

  • 内発的産業の振興による安定した雇用の創出

■地域資源を活かした内発的産業の振興

■市内企業への支援による企業の強化と雇用の拡大

■足腰の強い「農林業」の再生と生産物の高付加価値化

■次世代成長産業の育成支援

 

  • 地域資源を活かした移住・定住の推進

■移住・定住等の推進

■地域資源を活かした観光振興と交流人口の拡大

 

  • 若い世代が子どもを産み育てやすい環境の整備

■結婚・妊娠・出産・子育てまでの切れ目のない支援や学校教育の充実

■子育て支援によるワーク・ライフ・バランスの実現

 

  • 安全・安心で住み続けたくなる「まちづくり」

■健康に暮らせる「まちづくり」 ・ 健康づくり活動の推進【継続】

■協働による「まちづくり」

■環境に配慮した「まちづくり」

■安心で暮らしやすい「まちづくり」

 

今回角田市議会議員に選出される議員には、市長や行政との協力のもと、市の人口が減少するなか角田市にとって有益な議員活動を行っていただき市の発展に資する働きを期待したいところです。